自律神経失調症とは?

自律神経失調症は「本人は自律神経系の不調があるのに、病院で検査しても異常がない状態」のことです。

発症する原因は、自律神経の乱れによるものです。これについて詳しく見ていきましょう。

2つの自律神経について

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」に分かれています。

この2つがバランスをとることによって、人間は身体を正常に維持しています。

交感神経について

交感神経は興奮状態になった時に活動します。

交感神経が働いている時の効果は、

  • 緊張を促す
  • 筋肉が硬直する
  • 消化器系の機能が抑制される
  • ホルモン分泌が乱れる
  • 血圧が上がる
  • 呼吸が速くなる

交感神経が働いている時は、闘争と逃走の準備をしている時のイメージです。

副交感神経について

副交感神経はリラックスしている時に活動するもので、交感神経とは逆の働きをします。

副交感神経が働いている時の効果は、

  • リラックスを促す
  • 筋肉が弛緩する
  • 消化器系の機能が活発になる
  • ホルモン分泌が安定する
  • 血圧が下がる
  • 呼吸が遅くなる
  • 睡眠を促す

副交感神経が働いている時は、ゆっくり休憩している時のイメージです。

自律神経の支配するもの

自律神経が支配するものは、基本的に意識邸にコントロール出来ないものです。

例えば、

  • 心臓の鼓動
  • 瞳孔の開き
  • 発汗
  • 血流
  • 体温調節

などです。

 

その中で、唯一コントロール出来るものが呼吸です。

自律神経は簡単に狂う

自律神経はストレスや身体の歪みなどの要因によって、簡単に機能しなくなります。

機能しなくなったらどうなるか

自律神経が機能しなくなると、壊れたロボットのようになってしまいます。

具体的には、

  • 脅威がないのに心臓がバクバクする
  • 風邪でもないのに微熱が止まらない
  • 臓器に異常はないので、病院の検査での異常はない

本人はとても辛いのに、周りには分かってもらいない。

これが自律神経失調症の特徴です。

自律神経失調症の見分け方

最後に、自分が自律神経失調症かどうか見極めるには、以下の二つに着目します。

  1. 複数の症状が同時に出ているか
  2. 症状の継続期間はどれくらいいるか

症状の個数に着目する

複数の症状が出ているのに検査で異常がない場合、自律神経失調の可能性が高いです。

たいていの病気はメインの症状が一つだからです。

継続期間に着目する

自律神経失調症の特徴は症状が動かない点にあります。

「良くなったり、悪化したりの変動はありますが、トータルは見ると全く治っていない」場合は自律神経失調の可能性が高いです。

自律神経失調の発見はスタートラインだ

もし自分が自律神経失調であっても、心配する必要はありません。

必ず治る病気なので、一歩ずつ治療のための行動を起こして生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です