ブルーライトと自律神経の関係!なぜ体に影響があるのか?

ブルーライトカットの表示

突然ですが、皆さんは最近「ブルーライトカット」という言葉をよく目にしませんか?

眼鏡屋さんや電気屋、PCのショップなどいたる所で
「ブルーライトカット」という言葉が使われているのに気づくと思います。

ところで、

このブルーライトって何なんでしょうか?
ブルーライトカット機能はなぜ必要なのでしょうか?

この記事ではこのことについて書いていきます。
また、ブルーライトは自律神経とも関係が深いので、
自律神経の不調に悩む人は特に知っておいていただきたい内容です。

ブルーライトとは何か?

ブルーライトとは、青色光のことで波長が380〜500nmの光のことです。

人の目で見ることができる光の中では強いエネルギーを持っており、
最も波長が短い光であるため、水晶体などを抜け、その光は網膜まで届きます。

スマホやタブレット、PC画面にはブルーライトが多く含まれています。

要はたいていのLED画面から発せられる光はブルーライトだと思っていただければいいかと思います。

では、ブルーライトはなぜ問題なのでしょうか?

ブルーライトの問題点

ブルーライトの問題点は先ほど書いたように、この光が網膜まで到達してしまうことにあります。

そのため、夜間などにこの強烈な光刺激を受けてしまうと睡眠を妨げたり、サーカディアンリズム(体内時計)を狂わせてしまうのです。

結果、

・不眠症や朝起きられない

・自律神経が働かない

など様々な問題が生じます。

しかし、ブルーライトも時間帯を変えるとプラスに働くことがわかっています。

その時間帯とは朝です。

朝にブルーライトを浴びた場合、生産性があがったりなどの良い効果が期待できます。

要は夜のブルーライトがよくないというだけなので、それさえ気をつければむしろブルーライトも良い面があるということです。

具体的な対策としては、ブルーライトカットシートをスマホやタブレット、PCに貼ったりすることが挙げられます。

他にも夜はブルーライトカット眼鏡をかけたり、iphoneやMacであればナイトモードを設定できるので便利ですよ。

とはいえ、ブルーライトカット機能のものはつけたとしても完全にブルーライトを遮断するものではないので、あまり夜遅くには光の強いものを見ないということが一番の対策になります。

これを機に、ブルーライトを上手く活用していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です