自律神経失調症は血流障害

自律神経失調症の人にほぼ共通して言えるのが身体が異常に冷えていることです。
特に手先足先など末端の冷えが顕著ではないでしょうか?
私は男で、何年もサッカーをやっていたためそれなりに筋肉もありました。
それなのに自律神経失調症になった時は毎日寒くてたまりませんでした。
挙げ句の果てに冷えの中では最悪の状態とされる冷えのぼせが四六時中起きる状態になってしまっていました。
その頃漢方薬局で血流計を使い、血流を測ってみるとなんと普通の人に比べ異常に血流が悪くなっているという結果が出ました。
この頃は自律神経失調症を発症してすぐの頃でしたが、私は不思議でしょうがなかったのを覚えています。
私の当時の解釈では、冷えと筋肉量は大いに関係していると理解していたからです。
データを詳しく見せてもらうと特に腰から足先にかけて血が流れていなかった。
これがなぜ起こっているのか?ということが長らくわかりませんでした。
温めても運動しても一時的であり、また寒くなる。
まるで氷を纏っているかのような毎日で苦しくてたまりませんでした。
苦しみとか精神的な症状はことごとく心理療法を使い排除していきましたが。
さらに一番辛いのは朝でした。
身体が氷のように冷たい。
でも、あるとき寝起きに背中を触ると片側だけ冷たいということに気づきました。
私の場合、右は温かいのに左は氷のように冷たかったのです。
そして、背中にこりがあると冷えのぼせが起きるという情報を思い出し、左半身を探っていくとなぜ気づかなかったのかと思うようなトリガーポイントが見つかりました。
これを指でマッサージすることにより冷え症状は徐々に治まっていきました。
つまり、自律神経がどうこうというより単純にトリガーポイントにより血流が阻害されていたのです。
私のようなパターンの方は多いと思うので、ぜひ探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です