全身の筋肉の緩め方

自律神経失調症にかかった皆さんは例外なく筋肉がガチガチに固まっていると思います。

特に首や肩などは重すぎて動かせないぐらい固まっているのではないでしょうか?
私もそうでしたのでよく気持ちがわかります。
息するのもやっとという感じでした。
今日は全身の筋肉を緩める方法をお伝えしようと思います。
まず重要な事実を伝えます。

実は筋肉はストレッチやマッサージでは緩みません。



一瞬柔らかくなったとしてもその後むしろ硬くなります。
整体など通われた経験がある方ならこのことがよく理解できるはずです。
高いお金を払っても整体では筋肉は緩みません。

くどくどと文章を広げるのは嫌なので原理はもう少し複雑なのですが要点だけ説明しますね。
全身の筋肉はある一点の筋肉に集約されます。
一点に集約されるということはそのある一点の筋肉を緩めれば全身の筋肉が緩みます。
それはどこだと思いますか?
正解は「顎」です。

実は顎さえ緩めれば全身の筋肉は緩みます。


高いお金を払って整体に通っていたのがアホらしく思えるほど瞬時に身体が緩みます。
顎の緩め方は簡単で耳たぶを優しく持ち、くるくると回すだけです。
自律神経失調症の方にとって全身の筋肉を緩めることは真っ先に優先してやるべきことです。
以下に顎の緩め方についての書籍を紹介しておきます。
買わなくてもジュンク堂などの大きな書店には置いてあると思いますが、本当に治したいならこの人の書籍全て読破するぐらいこの分野について学んでください。
整体にいくことを考えたら1000円弱の書籍の方が断然お得です。
以前の記事でも書きましたが、学び続けることだけが自律神経失調症を完治へ導きます。
まずはこの方法で全身を緩めてください。

この本は自律神経失調症患者にとって間違いなく症状を変えるきっかけになります。
書店でも良いので必ず購入し、しっかりと学んでください。



iv>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です