胸椎と肩甲骨を動かしましょう

自律神経失調症の人は上手く呼吸ができていません。
自律神経は呼吸と深い関わりがあることはよく知られており、皆さんもご存知だと思います。
そのため、「深呼吸しましょう」というアドバイスを受けることが多いと思いますが、思うようにできないはずです。
それは胸椎が歪み、肩甲骨が固まり、胸郭が上手く広がらないからです。
単純に呼吸しにくい体になってしまっているわけです。
そこで胸椎をしっかり動かす習慣をつけましょう。
具体的には体をねじるという動作を意識して取り入れてみてください。
呼吸が少しずつ楽になることを実感できるようになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です