自律神経失調症になったら

このブログも更新し続けてだいぶ経ちました。
内容が雑然としてきたのでここで(初めてこのブログを訪れた方々のためにも)私が苦しんでいる皆さまに伝えられることを整理しておきます。

自律神経失調症は本当に恐ろしい病気ですが、
もっと恐ろしいのは誰も治し方がわからない点です。

私のように完治させた人は数えるほどしかいないのではないか?と考えていますし、仮に治せた人がいたとしてもなぜ治って何が原因であったのかまでは分析できていないと思います。

本当に人生を狂わせる病気ですので、完治を目指すならぜひ参考にしてください。

自律神経失調症になってしまったら

原因は複数ありますが、大きく分けると「身体的原因」と「精神的原因」の二つです。

自律神経失調症を疑ったらまずは症状に合わせて内科、脳神経外科などを受診しましょう。
はじめは苦しくて本当に死ぬのではと思いますが、ひとまず検査をして異常がないか確認してくまさい。
とくに血液検査は最低限行ってもらうべきです。

内科的に問題がなければ次に心療内科や精神科を受診することになるでしょう。

ここで自律神経失調症と診断されます。
あるいはパニック障害・鬱などと診断されることもありますが自律神経系の不調であることには変わりありません。

おそらく検査の結果異常がなくても不快な症状や苦しさは続くので診断が間違っているのではという不安を抱えることになりますが、安心してください。自律神経失調症はそういうものです。
無駄に心配するとさらに交感神経が働き不快な症状がひどくなりますのでとにかく落ち着いてください。

薬に関してですが、どうしてもしんどければ服用して構わないと思います。
しかし、精神科医にできるだけ薬は飲まず漢方と生活改善でなんとかしたいという趣旨を伝えましょう。

精神薬を控えるというのは完治させるためにとても重要なことです。
なぜかというと精神薬を飲んでしまうと薬が症状を隠すようになり本当の原因がわからなくなってしまうからです。
このことは必ず頭に入れておいてください。
はっきりいって薬のみで治すことは難しいです。

多少きつくても漢方だけでやり過ごしましょう。
西洋薬でオススメなのはグランダキシンのみです。これは一番弱い抗不安剤かつ自律神経調整薬といわれるもので緩やかな効果で依存性はほぼあらません。「一番弱い薬を」というと処方してもらえます。

グランダキシンは苦しい時私も数回服用しました。

留意しておいてほしいのは、
自律神経失調症は誰かに治してもらうものではなく、自分自身しか治せないという点です。

それは原因がそれぞれ異なるからです。

まず最初に習慣にしてほしいのは瞑想です。
これでパニックになる心と向き合う精神力が身につきます。

治そうという姿勢が大切なので、まずは心を落ち着けるところからはじめてください。

瞑想に関する本はかなり出てきていますが、どうしてもCDの声が微妙で瞑想に入りにくいものが多いと感じます。(30冊以上瞑想に関する本は読みましたが。)

そこで一冊だけ以下に紹介しておきますのて、
こちらからでも書店でもいいので購入して毎日継続してみてください。

この本の良いところは、
解説がわかりやすく、声が良いところです。
マインドフルネス瞑想は心理学の分野では有名な技法の一つですが、複雑に説明しようとするといくらでも複雑に説明できます。
それを端的にわかりやすくまとめたのがこの本です。※付属のCDがついているものを必ず選んでくださいね。

まずはマインドフルネス瞑想からはじめてみてください。続きはまた更新していきます。


<まとめ>
自律神経失調症かな?と思ったら内科で検査をしてもらいましょう。

・精神薬は控えめに、漢方中心で改善していく。

・まず初めにマインドフルネス瞑想で自律神経を整える

P.S
困っていることがあればコメントに残していただければ空いている時間に答えられる範囲で返信させてもらいますので、よろしければどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です