肩甲骨は血流の要

皆さんは人間の身体で血流が滞りやすい場所を知っていますか?
それは、
①肩甲骨
②股関節
の2箇所です。
自律神経失調症は、血流障害に陥っている状態であると言えると思います。
なのでこれを改善させるためにはこの2箇所をほぐすことは特に重要になります。
股関節のストレッチはそれなりに調べれば出てきますが、問題なのは肩甲骨のストレッチです。
これがいいものがなかなか出回っていません。
そこでおすすめしたい方法が二つあります。
①肩甲骨を直接刺激
②ウォールツイスト
自律神経の要はどうやら肩甲骨周辺から首にあると私は考えています。
特に肩甲骨は、スマホ使用でかなり酷使される部位でこの場所をほぐすことはどうしても改善のために必要だと思います。
多くの人は肩甲骨にたくさんのトリガーポイントが生じているはずです。
トリガーポイントについて学んでいる人はわかると思いますが、トリガーポイントはそれを取り除かない限りいつまでも問題を起こし続けるという性質があります。
これを知らないとストレッチを続けても効果が出ないということになりかねませんので注意してください。
なので
①肩甲骨を直接刺激
に関しては、
セラ・ケインを使って肩甲骨のトリガーポイントを指圧するのがやはり一番有効です。
肩甲骨は部位的に手が届きにくいので、トリガーポイントを処置するためだけに徹底的に研究を重ねて開発されたセラ・ケインが有効です。
②のウォールツイストは壁を使った肩甲骨のストレッチ方法です。これは胸椎と肩甲骨に働きかけ、自律神経を整えるために開発されたストレッチです。やり方は覚えてしまえば簡単で、毎日続けることで肩甲骨をほぐすことができます。
トリガーポイント関連↓




ウォールツイスト関連↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です