鬱の人は首の痛みに要注意!首の不調が自殺をまねく

東京脳神経外科医の松井先生の診察を受けた時、

「首の不調から鬱や自律神経失調症に移行するとかなりの確率で自殺する」

という話をしていました。

 

この話には明確な根拠があります。

今回は、それについて書いていきます。

ストレスの原因は、理想と現実との差である

脳科学的な視点からストレスを考えた時、その大きさは理想と現実の差に比例します。

これを鬱に当てはめて考えてみます。

身体的要因である首が原因で不調に陥った人は、元々は心身ともに元気だった人です。そんな人が鬱になると、(鬱であるという)現実と(健康であるはずの自分という)理想との差が広がり、さらに大きなストレスを受けてしまいます。

この点を理解しておかないと、自律神経失調症や鬱に飲まれて、自殺に追い込まれてしまいます。

ストレスについて詳しく書いた記事はこちらをどうぞ↓

ストレスの原因は、理想と現実のずれである

ラットの実験の例

自分の力ではどうすることも出来ない状態になった時、ラットは自殺を選ぶという実験結果があります。

人間もラットも哺乳類なので、基本的な脳の構造は同じです。なので、この実験結果は人間にも十分当てはまります。

先が見えない辛い状態に置かれた時、人間も脳科学的に「死」を選ぶということなのです。

私たちは、治療に向けて淡々と行動していくしかない

私の場合、ある日突然に自律神経失調症を発症しました。(もちろん原因はありました)

つい昨日まで元気に生活していたはずが、発症とともに地獄のような日々が始まりました。昨日まで出来ていた、健康的な生活が出来なくなり、その落差にものすごいストレスを感じました

 

自殺するのは簡単です。しかし命をもらって生まれてきた以上、とにかく生きることに執着して欲しいと思います。

楽になる方法は、自殺ではありません。淡々と、自分の力で、治療していくのです。

自分を救うのは、自分以外あり得ない

最後に。。。

この病気は医者にも民間療法者にも治せません。自分自身が治すしかありません。

長年の不摂生や不良姿勢、ストレスによって発症した自律神経失調症は、根本的に身体の使い方やストレス対処について考えていかないといけません

今これを読んでいるあなたは、偶然治すための情報を手に入れていますが、世の中には多くの人たちが精神科医の言うことを信じ、治るはずのない治療を続けています

残念ですが、一生治ることなく自律神経失調症とともに人生を歩んでいく人も沢山います。しかし、このブログを見て改善を進めている人たちは、近いうちに完治するでしょう

それは、きちんと理にかなった方法を行なっているからです。

 

どんなに水をあげても、種がコンクリートに植えられていたら育つはずはないですよね。

精神薬に頼って治そうとしている人は、改善の種がコンクリートに植えられている状態で、どんな努力も無駄になります。

正しい方法を知っている人は、土に改善の種がまかれているので、水をやればしっかりと成長して生きます。

 

常識とは、大多数の意見をなんとなく反映したものに過ぎず、必ずしも正しいわけではないのです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です