自律神経失調症患者と健康な人との違い

自律神経失調症になってしまった人と健康な人ではどこが違うのでしょうか?
この点がわかればどこを改善すれば良いかが自ずと見えてきます。
なぜなら、その違いさえ正せば健康な人と変わらなくなると考えられるからです。
では、自律神経失調症患者と健康な人との違いを書いていきます。
どこが違うのか私が調べあげた点を羅列していこうと思います。
①姿勢が悪い
具体的にはストレートネック、スワンネック、猫背、背骨が歪んでいる、胸郭の異常、頸椎のずれなど
②精神が不安定
心配性、自己肯定感が低い、ありのままの自分を認められない、他人が気になる、恐怖心が強い、白黒つけたい、〜すべき思考
ちなみに精神は姿勢に影響されます。
なので、①を正すことが先決だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です