人間の手足は耳から生えている

人間の手足は実は耳から生えています。
どこからスタートしても筋肉は顎の筋肉に繋がっています。
つまり、よくゲームなどで出てくる宇宙人型生物のような構造をしているのです。
くらげのようなアレです。
前回の記事で耳や顎について書きましたがそれらの部位が重要なのはこのことが理由です。
全身の筋肉は顎につながっているのですから、どこかに問題があれば顎関節に問題が起き、その不調は頭蓋骨をズラし、全身症状へと波及していきます。
なので耳を回したり、顎のメンテナンスをすることは重要なのです。
実際足は私たちが思っている部分よりもっと上から生えています。みぞおちの付近からです。
ここの筋肉は大腰筋と呼ばれる筋肉でインナーマッスルと呼ばれるものの一つです。
歩くときは足がみぞおちの下あたりから生えていることを想像して歩いてみてください。
全く歩き方が変わりますし、自然と骨盤が整うというオマケつきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です