ストレスの原因は、理想と現実のずれである

最近は身体のことばかり書いてきたので、今回は精神目について書いていきます。

心理学ではストレスを溜めない方法が多く紹介されていますが、難しいことを考えたり知る必要はありません

ストレスというのは、理想と現実のズレによって起こるものだということを知っていれば大丈夫です。

期待しない人にストレスはない

私が読んできた300冊ほどの心理学系の本の中で、「ストレスが理想と現実のズレによるもの」と簡潔に言っているのは、精神科医の岡田尊司さんくらいです。

本当に簡単なことを複雑に説明したり、解釈する人があまりにも多いのが現状です。。

期待しない人にストレスはありません。

しかし、私たちは生きている限り何かしらに期待してしまいます。それがストレスを生み出し苦しめるのです。

釈迦による瞑想のススメ

釈迦は瞑想を開発し取り入れることで、物事に対する執着を捨てることを勧めました

理想を持ったり、期待したりすることを完全に辞めるのは無理でも、期待値を下げることはできるはずです。目の前にある小さな出来ることが、出来るならば良しとしましょう。

 

すべてのものは情報に過ぎません

感情も思想も、目に見えている物理的な世界でさえ、脳が受け取った情報でしかないのです。

これがわかると、何も迷わなくなります。気になる人は、マインドフルネスを通して釈迦の思想を学んでみて下さい。きっとあなたにとって有益な力となるはずです。

マインドフルネスについての記事はこちらから↓

マインドフルネス瞑想の驚くべき効果と方法

タイ人から学ぶ「マイランペイ」の思想

タイ人の人は、「まぁ、いっか」という意味を持つ思想を持っています。それを「マイランペイ」と言います。

自律神経失調症だろうが、鬱やパニック障害だろうが、「まぁ、いっか」と思うことからスタートしましょう

後は、焦ることなく筋肉にアプローチしながら、瞑想を習慣化すれば治るのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です