自律神経失調症の治療法 カウンセリング

この記事では自律神経失調症の治療法の1つ、カウンセリングについて書いていきます。


自律神経失調症には身体の問題がメインで起こっている場合と心の問題が原因でおこっている場合の2つがあります。

カウンセリングは心の問題がメインで症状が現れている人の治療法として有効です。

自分の症状が心の問題によって生じていると感じている方は参考にしてみてください。

カウンセリングによる治療法

自律神経失調症の治療法の1つとしてカウンセリングが挙げられます。

カウンセリングの効果としては、

・相談をすることにより自分の中のストレスを吐き出すことができる。

・相談する中で、悩みの解決法が見つかる。

などがあります。

カウンセリングは精神科、心療内科で受けることができます。また、民間でカウンセリングを請け負っている所もあります。

どちらを受けるにせよカウンセリングを受ける場合、相談員が臨床心理士以上の技能を持った方であることは最低条件です。

カウンセリングと聞くと、「ただ悩みを聞いてもらえるだけか」と思われるかもしれませんが、カウンセリングには技法があり、臨床家は会話の中でクライエントの問題を浮き彫りにし、解決を目指します。

カウンセリングではまず、各種心理テストを受けます。その上で心理分析を行い、クライエントにあったカウンセリングを提供します。

基本的にカウンセリングは薬物療法にプラスαという形で行われます。あくまで薬物療法を成功させるためのサブという位置付けであることが多いです。

自律神経失調症の方は病気のせいで極端な内向的性格になり、他者との関わりが減少する傾向があります。

相談するという行為は、私たちが思っている以上にストレスを緩和する効果があります。

そのため、たとえ病院での会話であっても大きな変化を期待できます。

カウンセリングを受けるほどではないという方は家族や友人などに自分の悩みを打ち明けるだけでもストレスは低減されます。

一番よくないことは自分だけで抱え込んでしまうことです。

「案ずるより産むがやすし」で案外人に話してみると複雑に見えた問題が解決へ向かうことは多いのです。

なお、病院でのカウンセリングの場合保険がきかない場合があるので注意してください。


<まとめ>

自律神経失調症の1つにカウンセリングがある。

・人に相談することでストレスを低減できる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です