自律神経の異常をチェックする方法

自律神経失調症は心が原因なのでしょうか?
それとも身体が原因なのでしょうか?

これを確かめる方法があったら便利だと思いませんか?

はあるんですね。

それは瞳孔をチェックするという方法です。

自律神経はご存知の通り、意識でコントロールできない神経です。

そのため、自律神経が正常に働いていない場合、「刺激→反応」という流れに問題が生じます。

瞳孔の動きも自律神経に支配されているのでこの瞳孔の動きを確かめれば、自律神経が正常に動いているか確認できるというわけです。

どうやってチェックするのかというと鏡の前で自分の目に光を当てます。

自律神経が正常ならば当てた直後瞳孔の収縮を確認できます。

この反応が遅れていたり、なんらかの異常が見られる場合、自律神経に問題があります。

一方、この反応になんの問題もない場合は、自律神経そのものの問題ではなく身体のどこかが問題を起こしており、それが自律神経失調症のような症状をつくりだしていると考えることができます。

これをはっきりさせておくと自己治療しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です