性格を変えたい人がやるべきシンプルなこと

 

 

皆さんは自分の性格を変えたいと思ったことはありませんか?

周りのみんなが気楽にいきているように見えるのに、自分だけが人の気持ちを考えすぎてしまいおどおどしている。人一倍気を遣っているのになぜか嫌な目で見られたり、嫌われたりしてしまい、結果的に更にストレスが溜まってしまう。なんとか自分を変えたいと思い、自己啓発本を読み漁る。自分もその繰り返しでした。

 

考え方だけでは変わらない

有名な心理療法の一つに「認知行動療法」があります。これは自分の中に浮かんだ思考を一度吟味し、論理的に正しい解釈をし直すというものです。うつ病などで心療内科や精神科にかかると、よく認知行動療法の指導が行われます。

私は「認知行動療法」をメインで行っている臨床心理士に「メタ認知ができるならそもそも後天的な精神疾患にはならないのでは?」と尋ねたことがあります。するとその心理士は黙ってしまいました。メタ認知とは簡単にいうと、自分の思考を一段階上から思考する方法です。心の病にかかる人というのは、客観的な思考ができないので、「客観的な思考ができるように訓練すればいいじゃないか」ということで認知行動療法が取り入れられています。心理士がずっと患者の側に四六時中ついてあげられるなら「認知行動療法」でも良いのですが、現実的には無理なので大抵失敗に終わります。

患者に訓練させればいいじゃないかと思うかもしれませんが、人間の変化を嫌う性質(ホメオスタシス)は強烈でそう簡単に身につきません。そもそもそんなことができるならみんな性格をころころ変えて、なりたい自分になれているはずです。

 

 

性格を変えるためには〇〇をすればいいだけ

性格を変えることは、難しい。そう多くの人が思っていると思います。しかし、実は性格を変えるのにとても簡単な方法があります。

 

それは、たった1つのシンプルなことです。

行動することです。

 

「そんなこと知ってるわ!」と思われたあなた、よく聞いてください。あなたは本当に行動していますか?

人の脳には認知的不協和という性質があり、行動に心を合わせようとします。つまり、行動すればその結果に合わせて思考は自動的に変わるのです。動けば動くほど思考はそれに合わせて変化していくわけです。

 

例えば「自分はコミュ障だ」と思っている人におすすめしたいのは、店員さんに話しかけるということです。注文をする時に「今日は混んでますね~」など一言付け加えるだけでもコミュニケーションをとっているわけです。この行動に対して、脳は「コミュニケーションがとれる自分」と認識します。このようにコミュニケーションが苦手な性格の人でも、行動を繰り返すことで変化が生じ、確実に性格は変わっていきます。

 

逆に行動を起こさない人は何も変わりません。自己啓発本を何冊読もうが、ネットで調べまくろうが変化することはありません。なぜなら、先ほど書いた通り脳は行動からのフィードバックで性格を決定しているからです。家に引きこもっているぐらいなら10分でいいから外に出て歩いてみる。たったこれだけのことでただの引きこもりから、健康のためにウォーキングする自分へと変化し始めます。

 

よくしっかりと考えてから動きなさいという人がいますが、脳の性質から考えるとこれは逆です。「動いてから考える」が正しいのです。私たち人間はどう頑張っても未来を正確に予測することはできません。なので、「行動してから考える」しかないわけです。行動を起こせば結果が得られます。そして修正できます。

しかし、行動しなければ結果すら得ることができません。こんなもったいないことはありません。なんでもいいから小さなことから「行動」を積み重ねていってください。「行動すれば性格は変わる」この事実を知ったあなたは今までの自分とは別人になるでしょう。

 

○参考文献

・安達裕哉「仕事ができるやつになる最短の方法」日本実業出版社,2015

・メンタリストDaiGo「ポジティブチェンジ」日本文芸社,2015

・堀江貴文「本音で生きる」SBクリエイティブ,2015 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です